内科,消化器科
〒731-5128 広島県広島市佐伯区五日市中央5丁目8-17
TEL 082-943-5015

 

トップページ»  院長ブログ»  6月13日、2021年度日本内科学会生涯教育講演会Bセッション WEB

6月13日、2021年度日本内科学会生涯教育講演会Bセッション WEB

6月13日、2021年度日本内科学会生涯教育講演会Bセッション WEB

会場参加とWEBのキメラでしたが、ほとんどの人はWeb参加でした。大阪や東京に行かずに自宅で講演を聞けるのはとても助かります。さて7つの講演がありましたが、6番目の講演。近畿大学医学部腎臓内科教授有馬秀二先生の「高血圧管理の向上に求められること」が大変勉強になりました。
1.家庭血圧測定と降圧剤合剤は、患者のアドヒアランス向上につながる。
2.臨床イナーシャ(降圧目標の厳守・診察室血圧130/80,家庭血圧125/75)と診断イナーシャ(二次性高血圧の除外)
3.βブロッカーは、心拍数80以上合併症のない高血圧には第一選択。
4.少量の利尿剤は、高齢者などの食塩感受性高血圧、non-dipper型(早朝高血圧)、睡眠時無呼吸症候群に適する。
5.難治性高血圧治療(特に肥満や睡眠時無呼吸症候群)に、MR拮抗薬追加が有効。
6.患者の治療へのモチベーションをあげるために、なんでもほめることが大事。何もなかったら、受診してくれてありがとうとほめる。
今まで心拍数はあまり意識したことがなく、またMR拮抗剤の使い方にも今後注意したいです。

2021-06-14 05:31:08

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント