内科,消化器科
〒731-5128 広島県広島市佐伯区五日市中央5丁目8-17
TEL 082-943-5015

 

トップページ»  院長ブログ»  2月19日、Gilead Sciences Web Seminar

2月19日、Gilead Sciences Web Seminar

2月19日、Gilead Sciences Web Seminar

広島大学の茶山一彰教授が、「B型肝炎の最新治療と今後の展望」のテーマでWeb講演されました。おそらく対象は肝臓専門医だろうと思われます。内容は、①ETV+TDF耐性B型肝炎ウィルスのアミノ酸配列 ②B型重症肝炎に対するアバタセプトの臨床研究 の二点でした。
ETV+TDF耐性の内容はやや難しいと感じました。チャットで出た質問への教授の返答が参考になりました。
1.naive症例でETVでPCR陰性にならない場合、早めにTAFに変更。
2.ETV耐性に対しては、TAFへの変更ではなく、TAFをonする。
3.LMV耐性は、容易にETV耐性きたすので注意。
4.HBV-DNA上昇時には、耐性のほかに服薬コンプライアンスに注意する。

2021-02-20 07:16:07

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント