内科,消化器科
〒731-5128 広島県広島市佐伯区五日市中央5丁目8-17
TEL 082-943-5015

 

トップページ»  院長ブログ»  12月17日、広島肝細胞癌薬物療法WEBセミナー

12月17日、広島肝細胞癌薬物療法WEBセミナー

12月17日、広島肝細胞癌薬物療法WEBセミナー

テセントリクの中外製薬主催のWebセミナーです。本年10月に保険収載となったAtezolizumabとBevacizumab併用療法がテーマです。基調講演は、相方浩先生の基調講演「肝細胞癌に対するAtezolizumab・Bevacizumab併用療法のエビデンス」、講演①河岡友和先生の「広島大学病院院内体制について」、講演②「免疫チェックポイント阻害剤の免疫関連有害事象について」でした。Phase3の成績を見ると進行肝癌BCLC-Cが大半でBCLC-Bはわずかです。それと日本でエントリーされた症例では、治療成績があまり良くなかったのが気になりました。河岡先生によると、大学病院では治療開始は入院が原則でその後6週間は週に一回外来受診だそうです。3週間に一回外来通院でよいと思っていたので意外でした。副作用チェックが必要なのですね。外来で完遂できるなどとあまり安易に考えないほうが良いようです。免疫チェックポイント阻害剤の免疫関連有害事象(irAEs)について、個々の免疫チェックポイント阻害剤によってそのirAEに差があること、irAEの出現時期が長期にわたることなど教えていただきました。画期的な治療ではありますが、過度の期待はしないほうが良いかもしれません。中外製薬にとっては久しぶりのホームランかも。

2020-12-17 20:20:12

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント