内科,消化器科
〒731-5128 広島県広島市佐伯区五日市中央5丁目8-17
TEL 082-943-5015

 

トップページ»  院長ブログ»  11月25日、広島市内科医会学術講演会(Web視聴)

11月25日、広島市内科医会学術講演会(Web視聴)

11月25日、広島市内科医会学術講演会(Web視聴)

演者は、山口大学病態制御内科学教授谷澤幸生先生で、演題名は、「日本人2型糖尿病の病態と治療戦略~薬物療法の新たな可能性~」でした。前半は谷澤先生の研究内容、後半に糖尿病新薬の話題でした。持効型インシュリンとGLP1受容体作動薬の合剤(ゾルトファイ)は、1日一回皮下注が必要なので当院では導入困難です。週一回注射のGLP1受容体作動薬セマグルチド(オゼンピック)は、体重減少効果があるが、1本で4回分が充填されており、毎回自己注射必要でトルリシティ皮下注に簡便性において劣る。注目は経口セマグルチド(リベルサス)です。ペプチド製剤を経口可能とした画期的な薬です。しかし内服様式が煩雑ですね。朝起床して内服し、30分後に食事とほかの薬内服です。3mg、7mg,14mgと3製剤あり,7mgがトルリシティと同効果だそうです。週一回トルリシティ打つか面倒くさい飲み方の経口セマグルチドをとるかの選択になります。どうしても注射が嫌いだけど朝起きてすぐに薬がしっかりと指示通りに飲めれば、リベルサスですね。来年発売だそうです。novoの薬です。

2020-11-26 06:15:39

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント