内科,消化器科
〒731-5128 広島県広島市佐伯区五日市中央5丁目8-17
TEL 082-943-5015

 

トップページ»  院長ブログ»  9月11日、第16回広島肝胆膵Web研究会

9月11日、第16回広島肝胆膵Web研究会

9月11日、第16回広島肝胆膵Web研究会

エーザイ株式会社主催で、今回初めてZoomを用いたWeb講演会になりました。前もってエーザイ株式会社の担当者から説明・準備がありまた当日も午後6時過ぎに当院に来院しセッティングのおかげで、初めてZoomを用いて聴講できました。ちなみにホテルで講演会を行う場合と比してコストは1/3程度でWebの場合は収まるそうです。COVID19がいずれ収束してもWeb講演会が主流になるかもしれません。特別講演1は、和歌山県立医科大学第二内科教授北野雅之先生の「膵癌早期診断ストラテジー~ガイドラインを踏まえて~」。特別講演2は、近畿大学医学部消化器内科主任教授工藤正俊先生の「新薬上市を見据えた肝細胞癌治療戦略」。両講演ともにリモート講演でした。
工藤先生から、治験の成績から今後の新しい肝がん治療について解説されました。
①原発性肝がん治療で、BCLC(Barcelona Clinic Liver Cancer)-C stageでは、1stラインは、Atezolizumab(PD-L1抗体)+Bevacizumab(抗VEGF抗体)、2ndラインは、Lenvatinib(分子標的薬)
②原発性肝がん治療で、BCLC(Barcelona Clinic Liver Cancer)-B stageでは、LenvatinibをベースにTACE併用
の新しい治療指標が示されました。従来BCLC-CはSorafenib、BCLC-BはTACE繰り返しが標準治療でした。今後治療成績の格段の改善が期待できます。

2020-09-12 06:08:35

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント