内科,消化器科
〒731-5128 広島県広島市佐伯区五日市中央5丁目8-17
TEL 082-943-5015

 

トップページ»  院長ブログ»  4月12日、第117回日本内科学会緊急シンポジウム テーマ:新型コロナウィルス感染症ー疫学・対策から臨床・治療までー

4月12日、第117回日本内科学会緊急シンポジウム テーマ:新型コロナウィルス感染症ー疫学・対策から臨床・治療までー

4月12日、第117回日本内科学会緊急シンポジウム テーマ:新型コロナウィルス感染症ー疫学・対策から臨床・治療までー

日本内科学会主催での緊急ライブ講演会です。数日前に日本内科学会のホームページを見ていて、このライブのこと知りました。ここ2か月COVID19(Coronavirus Diease 2019)のために、医学関係の講演会や勉強会がすべて中止になり、今まで耳学問でしか勉強してこなかった私にとって、今回のライブ講演会は勉強の良いきっかけになりました。第一部基調講演では、1.疫学、2.クラスター対策、3.治療と感染対策についてそれぞれ専門の先生からレクチャーがありました。日本のデータでいわゆる当初無症状ウィルス保持者と診断されていた80名中半数が発症し、5人が人工呼吸器が必要な肺炎になったこと、男性、60歳以上慢性疾患で重症化するなど報告がありました。中国で当初言われていたのとは、重篤な印象です。それとクラスター対策は焼け石に水と思っていましたが、今まで日本で第一波で発生したクラスター(クルーズ船や大阪のライブハウス)では、その後感染が完全に収束していたことで、今後も重要であるということです。SARSが早期に収束でき、COVID-19がここまで蔓延した理由が、無症候ウィルスキャリアの存在があることです。
 第二部パネルディスカッション~日本内科学会の役割と使命~では、感染症、呼吸器内科、老年内科・高血圧学会、リュウマチ・膠原病内科それぞれの立場から講演がありました。特に老年医学の立場から、Stay homeで自宅で何もせずにじっとしていたら逆にフレイルになり予後不良になる危険ありとのことでした。3時から4時40分の予定でしたが、5時過ぎまで延長されました。
 これからさらにCOVID-19の感染は増加必至です。自分が感染しないように、これが基本です。

2020-04-12 17:50:23

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント