内科,消化器科
〒731-5128 広島県広島市佐伯区五日市中央5丁目8-17
TEL 082-943-5015

 

トップページ»  院長ブログ

院長ブログ

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

10月18日、第38回広島肝臓研究会

大日本住友製薬共催研究会です。講演①は、虎の門病院肝臓内科医長芥田憲夫先生の「NAFLDの臨床経過と糖尿病治療への期待」。講演②は、三重代諾消化器内科学教授竹井謙之教授の「アルコール性肝障害とNAFLD:脂肪性肝疾患のこれまでとこれから」でした。
両先生ともに以前茶山教授が招聘し広島で講演を拝聴したことがあります。芥田先生もC型肝炎からNAFLDへと対象が変わった感じです。竹井教授の伊勢志摩観光ホテルシェフの作る、肝臓病グルメ教室、の話興味深く聞きました。

2019-10-19 06:36:50

コメント(0)

折りたたむ

10月14日、第33回日本臨床内科医学会(広島県)第2日

学会二日目、朝9時から参加しました。
産業医研修会4、広島大学保健管理センター吉原正治教授による、「定期健康診断における胃癌・大腸癌の予防と早期発見のポイント」
①ピロリ感染経路は、乳児期の母親からの経口感染が主である。
②ピロリ菌除菌後3年以内に発見された胃がんは、除菌前の胃カメラでの胃癌見落としであり、除菌後1年に胃カメラ望ましい。
③大腸内視鏡の間隔は、ポリープ切除例は3年後、便鮮血陽性でCF施行異常なしで次年度も便鮮血陽性の場合、clean colonの確認のためには2年連続大腸内視鏡が必要。見落としが稀にあるため。
④86歳以上は、大腸がん検診スクリーニングは不要。
など新しい知識が得られました。
スキルアップセミナー6、広島市民病院副院長岡本良一先生の「腹部救急における診断のコツ~丁寧な病歴聴取が重要~」
岡本先生の講演は何回も聞いていますが、何度聞いても勉強になります。病歴と理学的所見が重要ということに尽きる、ということです。
1.上腹部痛や吐き気で、急性心筋梗塞。
2.女をみたら妊娠を疑え。最終月経の確認。
3.腹痛・ショックは、腹部大動脈破裂
4.虫垂がある限り、虫垂炎を疑う
何十年医者をやっても奥が深いですね。この臨床内科医学会が、臨床に即した学会でなかなか勉強になった学会でした。

2019-10-15 06:51:54

コメント(0)

折りたたむ

10月13日、第33回日本臨床内科医学会(広島県)第一日

日本臨床内科医会は、主に内科開業医の学会で、今回五日市の加藤内科加藤雅史先生が学会長で広島開催です。今まで参加したことはなかったのですが、今回茶山教授の講演の座長をすることになり、出席しました。台風の影響で関東以東の先生方のキャンセルが多かったそうです。
シンポジウム1は、「肺炎球菌ワクチンの現状と将来」。島根大学医学部呼吸器内科教授磯部威先生の肺炎球菌ワクチン接種の実際が現実的でわかりやすかったです。プレベナー13の後にニューモバックス接種がベストとの話でした。
ランチョンセミナー2は、「明日からの診療が変わる~皮膚科医が診る帯状疱疹~」。
1.1日一回400mgアメナリーフは、帯状疱疹のみに保険適応で、腎機能による調節不用で2017発売の新薬。
2.単純ヘルペスの予防投与が保険適応。
3.抗ウィルス剤内服が基本、その外用は効果なし。など今まで知らない情報がありました。
セミナー1は、広島大学病院消化器・代謝内科教授茶山一彰先生の「最新のC型肝炎・肝硬変の治療」で、私が座長を務めました。講演初め出席者が少なく、どうなるものかと心配しましたが、最終的には100人以上の聴講があったそうです。C型肝炎ウィルスの歴史、現在の感染状況、最新の治療(DAAs)、SVR後肝発癌などの内容でした。開業医になって19年、第一線から離れて長くなりました。座長の依頼も今回が最後になりそうな気がしました。

2019-10-14 07:16:41

コメント(0)

折りたたむ

10月9日、アルコール健康障害サポート医フォローアップ研修会

広島県アルコール健康障害サポート医(専門)養成研修1を兼ねています。私はすでにアルコール健康障害サポート医に認定されているので、今後養成研修2を受講すれば、アルコール健康障害サポート医(専門)に認定されることになります。講演①は、瀬野川病院加賀谷有行先生の「ハーム・リダクションとしてのアルコール依存症に対する減酒治療の試み」。加賀谷先生の講演はいつ聞いてもわかりやすく、ソフトな口調でまさに紳士です。今回15分の講演でしたが、1時間の講演を聞いてみたいと思いました。特別講演は、広島精神分析医療クリニック院長衣笠隆幸先生の「幼児期から葛藤を持っている薬物依存の症例」でした。パーソナリティー障害に対し精神分析的精神療法を施す内容で、一人に4時間かけるという話は、一般内科医にとって、別の世界に感じました。開始時間が6:30だと6時まで仕事があり、急いでJRで広島駅に向かっても間に合いません。県庁担当者には、ぜひ7時からにしてもらいたいと思いました。

2019-10-10 07:07:27

コメント(0)

折りたたむ

10月8日、佐伯区医師会勉強会

広島市立安佐市民病院脳神経内科主任部長山下拓史先生で演題名は、「医師会主導の脳卒中と認知症の地域包括ケア」でした。安佐市民病院を中心として安佐医師会が、脳卒中と認知症の地域包括ケアを実践している話でした。山下先生は佐伯区出身で今もご実家は五日市にあるそうです。

2019-10-09 06:17:54

コメント(0)

折りたたむ

10月7日、C型肝炎治療の最前線~肝炎から肝硬変のマネージメント~

第579回広島市内科医会学術講演会でギリアド共催で観音の広島医師会館で開催されました。演者は、広島大学大学院医系科学研究科消化器・代謝内科教授茶山一彰先生です。前半30分で、C型肝炎ウィルス総論(輸血後肝炎、HCV発見の経緯、genotypeの発見、感染経路など)、後半30分で治療(IFNからDAA)の話でした。症例提示 下記の3例はインパクトがありました。
1.44歳初診時肝硬変・進行肝癌で半年で死亡例→肝炎ウィルス検診の必要性
2.SVR後24年で進行肝癌発症例→SVR後の経過観察の必要性
3.キイトルーダで進行肝癌著効例→免疫チェックポイント阻害剤の肝がん治療の期待
何度茶山教授のC型肝炎の講演を聞いても新しい発見があります。大満足の1時間でした。

2019-10-08 05:21:01

コメント(0)

折りたたむ

9月26日、がん診療に関わる地域医療連携研修会(呼吸器オープンカンファレンス)

広島赤十字原爆病院地域医療連携課主催で、東階9階講堂で開催されました。講師は、島根大学医学部付属病院医療安全管理部副部長栗本典昭先生で演題は、「肺癌診断における気管支鏡検査の進歩」でした。座長は副院長の松田裕之先生で栗本先生は、松田先生の広大医学部の卓球部の3年後輩だそうです。その縁で講師依頼があったのでしょう。
 肺がん治療には細胞組織検体採取により、遺伝子検査を行うことが必須となっており、気管支鏡の必要性は増しています。
超音波気管支内視鏡、NBI、拡大気管支内視鏡などは、消化器内視鏡の技術を追いかけています。枝読みの概念は初めて聞きましたが、1mmごとのCTスライスから気管支の分岐を詳細に読み解き、気管支鏡でどのように見えるか?すごい技能だと思いました。気管支鏡は医師になって3-4年目の尾道総合病院時代にやったことがあります。今は呼吸器専門医しか行わない検査ですが。

2019-09-27 07:23:28

コメント(0)

折りたたむ

9月19日、WEB講演会「C型肝硬変に対する抗ウィルス療法ーSOFレジメンの役割ー」

WEB講演会は、全国に発信されました。演者は広島大学病院消化器代謝内科診療准教授今村道雄先生でした。ホテルグランヴィア広島3階でWEB発信し、21階曙光で12名が聴講、WEB講演会が終了後に今村先生が曙光に来られて我々の質問を受けるという手順でした。WEB講演会の途中で音声が一時止まったのがトラブルでしょうか?内容的には、SOFレジメの役割はよく理解できました。
1.非代償期肝硬変症でChild Pughスコアが不良症例は要注意。食道胃静脈瘤も予防的治療を行っておく。
2.P32 delusionには、唯一有効なレジメがエプクルーサ+リバビリン24週治療で、治験の成績はSVR80%(4/5)。
ただし非代償期肝硬変やP32欠失例はほとんどなく、残念ながら400床以上の基幹病院でしか症例はないのではしょうか?

2019-09-20 04:54:18

コメント(0)

折りたたむ

9月17日、第31回広島消化管病態機能研究会

ネキシウムの第一三共・アストラゼネカ主催研究会です。教育講演は、広島大学病院消化器・代謝内科診療教授伊藤公訓先生の「広島県における胃癌一次予防の現状と課題」でした。広島県以外では、中学生や高校生の段階でのピロリ菌除菌がすでに行われているそうです。特に佐賀県では3年前から全中学生対象に行われているとか。それに比し広島県ではその対策が全く行われていない後進県だそうです。がん対策に取り組んでいるといいながらそれではいかがなものかという意見でした。伊藤先生はこのたび、田妻先生の後任として、広島大学総合診療科の教授に就任されるそうです。おめでとうございます。特別講演は、国立がん研究センター研究所エピゲノム解析分野分野長牛島俊和先生の「ピロリ菌によるほんとの発癌機構」で、DNAメチル化異常の話題でした。

2019-09-18 06:06:56

コメント(0)

折りたたむ

9月10日、佐伯区医師会勉強会 「ガイドラインに沿った脂質異常症の治療最前線2019~循環器医の立場から~」

JA広島総合病院臨床研究検査科部長藤井隆先生のレクチャーです。脂質異常症は藤井先生のライフワークで過去に、それに関する講演を何度も聞いています。今回内科以外の先生も意識され、高脂血症の治療薬の具体的な使い方や家族性高脂血症(FH)について詳細に解説されました。現実的な対応の観点から実臨床に役立つ講演だったと思いました。FHのアキレスけん肥厚を通常のエコーで診断するノウハウを学びました。

2019-09-11 06:44:34

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5